赤ちゃんのためのミルクの調乳方法

可愛い赤ちゃんが産まれたら、今度は子育てをしっかりとしていかないといけません。そんな子育てでは、ミルクの調乳方法もしっかりと覚えていきましょう。

赤ちゃんにどのくらいのミルクを作ればいいのか

赤ちゃんが産まれてからどのくらいの日数が経っているかで、変わってきますが、0~2か月の間でも80ml~160mほどと言われています。回数は6回くらいです。
3~5か月くらいだと200mlほどとなります。5回くらいとなります。
5か月以降になると、200mlと離乳食1回となってきます。このときもミルクは5回くらいとなります。
けっこう1日に飲む回数は多いですので、それだけミルクを作らないといけません。

ミルクの調乳方法は

ミルクを作る場合、哺乳瓶へ粉ミルクを適量いれます。その場合には粉ミルクの量を説明書をみて、適量をいれないといけません。そして、お湯をいれてとかしていきます。その場合には、お湯は70~95℃の範囲内の温度もお湯をいれてください。この温度が粉ミルクの成分を壊すことなく、より溶かしやすくなるのです。これ以下だと殺菌が不十分とも言われています。殺菌をするためにも、お湯をしっかり使ってください。そのあとは、さらにお湯を足してから、冷水などで冷やしていきます。もしくは、湯冷ましをした水を追加して、人肌まで冷やしていきます。なお、哺乳瓶の周りは冷えていてもミルクは熱いこともあるのて、気を付けてください。
また、湯冷ましを利用するのもいいのですが、ウォーターサーバーの水を利用するのもいいでしょう。というのも温水も冷水も出るのですから、本当に有効に使うことはできます。

衛生に気をつけよう

調乳をするときには、いくつものポイントで衛生に気をつけないといけません。まずは、作る前に手を洗い、清潔にしなければなりません。次にミルクをいれる哺乳瓶です。やはり夏場などは、しっかり洗わなかったり、またミルクの残りがあることで、菌の繁殖も心配です。またミルクの作りおきもしたいところですが、やはり菌の繁殖や衛生面を考えるとやめておいた方がいいでしょう。大人では大丈夫でも、抵抗力の弱い赤ちゃんだと、リスクも高いです。
また、湯冷ましも1日で使いきる、あまったものはやはり捨ててしまい、毎日衛生に気をつけましょう。

赤ちゃんの健康のために

ミルクを作るのもまいにちとなると、本当に大変です。夜中に作ることもあって、お母さんも大変でしょう。しかし、それでも可愛い赤ちゃんの健康のためにも、清潔に毎回作るようにしていきましょう。

関連記事

panasonicdvd1234

View more posts from this author