調乳後どれくらい置いておける?

ミルク作りも赤ちゃんが離乳するまで毎日しなければなりません。赤ちゃんのことが大切でも、やっぱり毎日することは大変です。また、夜中にも赤ちゃんは、泣いてしまいます。すると、いかに素早くつくらないといけないので、プレッシャーもかかるかもしれません。

赤ちゃんの飲む回数は多い

赤ちゃんが、ミルクを飲む回数はけっこう多いものです。3時間おきくらいに、ミルクを欲しがります。けっこう時間も短いです。そのたびにミルクを用意しないといけないのですから、子育ては大変です。

ミルクは作りおきできるのか

ミルクを作るのも、やはり粉ミルクを溶かしてから、湯冷ましを追加したり、またお湯を使いしてからそれを冷やしていくということで、手間がかかります。赤ちゃんが泣いているからと焦ってしまうと、実は十分に冷えていなかったなんてこともあったりします。
そこで、ミルクを作りおきしようかなとおもっていたりしませんか。確かに作りおきでもしておくと、いかに負担を減らせるかもしれません。

しかし、実際にはミルクの作りおきはしてはいけません。というのも、赤ちゃんはお腹も壊しやすいですし、また抵抗力も弱いです。作りおきをしておいたミルクを飲ませるのはリスクを感じます。常温でおいておくのは、万が一のことを考えると怖いです。また冷蔵庫で冷やしておいても栄養分への影響を考えると、安心しきれません。ミルク作りをするのは、面倒ではありますが、もしも赤ちゃんが飲まなければ、2時間を越えたものは破棄した方が良いでしょう。夏場は特に気を付けることも必要です。

作りおきよりも作る方法を工夫

作りおきしたくなるのも、やはりミルク作りが、けっこう手間もかかるからです。作りおきはあまりよろしくありませんが、手早く作るための工夫はいろいろとしましょう。そのためには、湯冷ましをつかったり、またウォーターサーバーの温水や冷水を利用するといいでしょう。
ウォーターサーバーの温水は70℃以上ですので、すぐに粉ミルクを溶かすのにも使えます。また湯冷ましとして保管することもすぐにできます。また、粉ミルクをとかしたあとの冷やすのにも冷水をつかったりと用途も様々に使えます。ウォーターサーバーを効率的に使うといいでしょう。

ミルク作り前に愛情を

このように工夫はいくらでもありますし、ネットでの体験談を参考にしてみるのもいいでしょう。ミルク作りも
大変でもありますが、ぜひ愛情を注いでつくってあげましょう。

関連記事

panasonicdvd1234

View more posts from this author