調乳に使う水について

今ではウォーターサーバーにもかなり注目が集まっています。銀行や病院から、さまざまなお店はもちろん、個人の自宅でもウォーターサーバーが使われることが増えてきました。美味しいのももちろんですが、健康志向の高まりもあって、ますます、ウォーターサーバーが利用されるでしょう。

赤ちゃんの調乳作りにも役立つ

そんなウォーターサーバーで、最近の効果的な使い方として、赤ちゃんの調乳にも使えるということがあります。調乳と水を沸騰させてから作りまた、冷ますなど結構手間もかかります。また水道水を使うのも、最近の健康志向の高まりから、大丈夫かなと不安視する人もでています。そこで、ウォーターサーバーの水で安全に調乳したいと言う人も増えています。

調乳するときの水の選択とは

各メーカーともそれぞれの水にこだわりもあります。富士山や各地の天然水にこだわったり、高水準の技術でろ過をして天然水に限りなく近い、ミネラルも豊富に含む水を使ったりと、水の安全性や味や飲みやすさにこだわりを見せています。

そして、各メーカーが使っている水の多くは軟水を使っています。水には硬水と軟水があります。飲みやすさで言うと、軟水の方が良いと言われており、硬水をたくさん飲むと腹痛を起こしやすくなる人もいるようです。体への負担を考えると、慣れもありますか、軟水の方がより優しいとも言えます。そこで、ウォーターサーバーでは、軟水がよく利用されているのです。

ウォーターサーバーの水は調乳に向いている

体にも優しく、飲みやすいと言うことは、赤ちゃんにとっても飲みやすいと言うことです。さらに、ウォーターサーバーの水は、殺菌もされていますから、より安全性でいっても高いです。雑菌の心配はいらないでしょう。
また粉ミルクの成分やとけやすさなどからも、硬水よりは軟水がいいとの声もあるくらいです。赤ちゃんがそのまま成長したあとも、健康のことを考えると水道水を飲ませたり、ペットボトルで水を購入してくるよりも、ウォーターサーバーの水がより安心できるでしょう。赤ちゃんの将来のことを考えた場合にも、長期的にウォーターサーバーの水が良いのではないでしょうか。

まずはウォーターサーバーの軟水で調乳から

まずは、赤ちゃんの頃からウォーターサーバーの軟水で、ミルクを付くって飲ましてあげましょう。もともとの軟水自体の影響で赤ちゃんの健康を支えてくれます。さらにミルクの栄養できっとしっかりと、健康に成長してくれることでしょう。

関連記事

panasonicdvd1234

View more posts from this author