ミルクの調乳で注意したいこと

大切な赤ちゃんをしっかりと、大きく育てるにはミルクや母乳は欠かすことができません。ミルクも簡単につくれると思っていたら、慣れるまでには時間もかかったり、1日に何回も作ったりと大変です。でもしっかり作っていきたいものです。

ミルク作り前の準備とは

ミルクをいざ作ろうと思っても、まずは準備も必要です。その準備ひとつで、もしかすると赤ちゃんの健康に影響してしまうかもしれません。
たとえば、調乳前にはしっかりと石鹸を手で洗うようにしましょう。手に雑菌がついていて、そこからミルクに入る可能性もあります。また冬だとインフルエンザの菌も可能性があるので、まずは自身から清潔でいることに気をつけましょう。
次に、ミルクで使う哺乳瓶を洗ったり、またスプーンも洗うなどして、清潔であるか確認しておきましょう。

ミルクを作ろう

そして、いよいよ粉ミルクとお湯をまぜて、ミルクを作ります。その際には粉ミルクを哺乳瓶にいれて、そこへ3分の1~3分の2ほどのお湯を入れます。お湯は一旦沸騰させた70℃~95℃くらいのものを使います。やはり赤ちゃんは抵抗力が弱いので、菌も恐いです。しっかりと沸騰させて、金の繁殖を抑えましょう。
一旦お湯を入れたらお湯で、粉ミルクをとかします。それから、さらに適量や飲ませる量までお湯を足します。粉ミルクやお湯については、粉ミルクの説明書を読むなりして、適量を使うようにしましょう。
あとは、哺乳瓶を水や氷水で、人肌くらいにまで冷やします。ちなみに哺乳瓶も熱くなっているので、火傷しないように気を付けてください。また、哺乳瓶の外が大丈夫でも、中のミルクはまだ熱いこともあるので、中身の温度の確認も忘れないでください。

ウォーターサーバーの水が向いている

いろいろなウォーターサーバーが世の中にでていますが、その水も天然水も使われていて、大人でも健康にはいいです。抵抗力が弱い、またより健康に気をつかわないといけない赤ちゃんにとっては、とてもウォーターサーバーの水は体にいいものです。今だとお湯も出るようになっていますから、さらに調乳もしやすくなっています。
また、そこからお湯を使うと、調乳する時間も短縮できたりとより効率良くできるとも言われています。あちこちのメーカーでも、調乳に最適とアピールしていますので、ウォーターサーバーを使ってみるのもいいでしょう。

調乳にもこれからはウォーターサーバー

もしも、赤ちゃんができた、出産をしたときには、これを機会にウォーターサーバーを使ってみるのもいいかもしれません。ご自身の健康はもちろん、赤ちゃんの調乳や健康にも大いに役立つことでしょう。

関連記事

panasonicdvd1234

View more posts from this author