水選びもしっかりとしましょう

昔に比べると水についても、関心や意識も高まっています。健康志向やコンビニの普及で、水も買うことで美味しい水が飲めますし、より安全に飲むことができます。
さらに水道水に放射線物質が混入していないかも、さらなる水への安全性への向上へと繋がっていってしまったのです。

ウォーターサーバー利用も増えてきた

その要因もありますが、やはり美味しい水がのみたいと言う関心の高まりから、ウォーターサーバーの利用はかなり増えています。その用途もただの飲むためのものから、さらに料理に使ったり、また赤ちゃんのミルク作りへと広がってきました。
コンビニで買う水でもミルク作りにはいいのですが、日本の粉ミルクを考えたときにはウォーターサーバーの方がよりあっているのです。

日本の粉ミルクには

日本の粉ミルクの成分は、赤ちゃんのためのものがいろいろと含まれています。どのメーカーのものでも安心できます。また、どのメーカーでもミネラルをすでに配合しております。もともとは水道水で作る前提もあって、ミネラルはもちろん、他の必要な栄養素を十分に入れています。
ということは、逆にミネラルを多く含んでいる水、ミネラルウォーターをコンビニで購入して、それで作ると実は過剰にミネラルを摂取してしまうことにもなりかねません。赤ちゃんのミルク作りでは使う水にも注意が必要なのです。

ミルク作りには、軟水を使おう

また、水には硬水と軟水があります。コンビニで買う水は、実はミネラルを含む硬水なてこともあります。飲みやすさやお腹への優しさでは軟水がいいと言われています。ですので、より赤ちゃんのためにいいのは軟水となるでしょう。
そこで、水道水やミネラルウォーターよりもいいのが、ウォーターサーバーの水です。天然水などが実は軟水で、ミルク作りには最適なのです。先にあるように水道水の安全性にもしも不安がえるならば、まずは、ウォーターサーバーを利用してみるのもいいでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶときに、水は軟水ですが天然水とRO水があります。RO水はろ過した水で、純水に近くなっていますがミネラルを配合していたりします。赤ちゃんのミルク作りに使えるか確認をしてから選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの水選びは大切

外国のミルクやミネラルウォーターは日本のものとは、質が違っています。いかに大人には体によくても、赤ちゃんには合わないこともあります。まずなそれを頭にいれて、ミネラルウォーターを使うのもよく考えましょう。水選びもしっかりとしましょう。

関連記事

panasonicdvd1234

View more posts from this author