手早く簡単に赤ちゃんのミルク作り

赤ちゃんを育てるときに、ミルク作りがとても大変だと実感する人も多いでしょう。というのも、1日に何度もミルク作りをしないといけないからです。それは昼間だけでなく、夜中にしなければならないこともあります。仕事をしていると、さらに負担を感じることもあるかもしれません。
ですからよりスムーズにミルク作りをすることも求められるのです。

赤ちゃんはミルクを飲みたがる

赤ちゃんが0~2か月くらいまではとくに、赤ちゃんの健康にも人一倍気を付けることも必要です。また、その頃はミルク作りもまだなれていませんし、どのくらい飲ませたらいいのかわからないなんてこともあります。
まず、新生児~2週間くらいは80mlで3時間おきくらいに7回前後飲ます必要があります。
2週間~1か月くらいでは、80~120mlを3時間おきくらいに7回前後となります。
そして、1~2か月頃では120~160mlを3時間おきくらいに6回前後となります。

いかにミルクを手早く作るか

母乳で育てる人もいれば、ミルクでという人も多いでしょう。ミルク作りをいかに手早くできるかが大切と言うのも、先に書いたように赤ちゃんのミルクの回数を見れば実感してくるはずです。
そんなミルク作りも手早くするためには、湯冷ましをうまく使えるかが大切となります。湯冷ましはいったん沸騰させて殺菌して、それを常温や冷蔵庫で保管をします。
湯冷ましがあれば、まずはお湯で粉ミルクを混ぜておき、それから湯冷ましをいれて温度を調整しやすくなります。また湯冷ましを常に用意しておけば、夜中でもミルク作りを手早くできるでしょう。あと粉ミルクをとかしたら、湯冷ましをどのくらい入れればいいかも覚えておくと、冷やすのも早くすることもできます。

ウォーターサーバーをうまく利用する

ウォーターサーバーの温水は75℃以上95℃未満となっていますから、ミルク作りには適温です。それで粉ミルクを溶かすのもいいですし、お湯でわったミルクを冷水で冷やすのもいいでしょう。常に清潔なおいしい水が出るので、それをミルク作りに使わないのはもったいないです。

ウォーターサーバーで湯冷ましを

また、先に書いたように湯冷ましを準備するときにウォーターサーバーを使うのもいいでしょう。湯冷ましも毎日取り替えないと行けません。そのぶんを常に毎日用意する手間も大変です。しかし、ウォーターサーバーであれば、すぐに別の哺乳瓶やポットにいれて、湯冷ましを用意する手間も省けます。
ミルク作りを、手早くするにはウォーターサーバーを有効に使いましょう。

関連記事

panasonicdvd1234

View more posts from this author