カテゴリー: 赤ちゃんのミルクとウォーターサーバー

インスタントコーヒーを美味しく

コーヒーは、特に好きな人にとっては毎日何杯も飲んでしまうような一日に欠かすことの出来ない嗜好品担っていると思います。
朝に一杯、昼に一杯、仕事で一杯、夜に一杯と何かと口にする事が多いですがコーヒーメーカーを家に置いたり、外でコーヒーを頼むとやっぱりお金がかかる。
しかし、安くて楽なインスタントコーヒーでは味が落ちる、そんなジレンマを解決してくれるのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーでインスタントコーヒーを美味しくしよう


インタンストコーヒーをより美味しく飲む裏ワザとして、まずインスタントコーヒーの粉を少量の水で軽く溶いてからお湯を注ぐというのが美味しい飲み方なんですね。
コーヒーの粉はデンプンが含まれているので、熱湯をいきなり注ぎこむとでんぷん質が固形化し、味が閉じ込められてしまうのです。
なので、まずは水に溶かすことによって風味をしっかりと液体の中に広げることが出来るんです。
そうすると、しっかりとコーヒーの風味を味わう事が出来るようになるわけです。
其の水も、コスモウォーターのウォーターサーバーの天然水を使うことでより味わいをクリアに出来るんです。

他にも使える裏ワザ


他にも、電子レンジで一度コーヒー粉を温めたり、コーヒーを入れた後で一度電子レンジにかける、ということも口当たりが良くなる、という裏技がありますね。
他にも、フライパンで軽く粉を炒ったりするなど様々な一手間を加えることでインスタントコーヒーより美味しく食べる事ができるんです。
ウォーターサーバーの水と合わせてやるとより深みが増すでしょう。

やはりいちばんの原点は水


先ほども言ったとおり、インスタントコーヒには水がかかせません。
水で溶かすのは勿論、メインで入れるお湯だって元を正せば水ですからね。
なので、天然水の水で粉をといてサーバーの温水でコーヒーを淹れるという事でよりインスタントコーヒーを美味しくする事が出来るでしょう。

ミルクの調乳で注意したいこと

大切な赤ちゃんをしっかりと、大きく育てるにはミルクや母乳は欠かすことができません。ミルクも簡単につくれると思っていたら、慣れるまでには時間もかかったり、1日に何回も作ったりと大変です。でもしっかり作っていきたいものです。

ミルク作り前の準備とは

ミルクをいざ作ろうと思っても、まずは準備も必要です。その準備ひとつで、もしかすると赤ちゃんの健康に影響してしまうかもしれません。
たとえば、調乳前にはしっかりと石鹸を手で洗うようにしましょう。手に雑菌がついていて、そこからミルクに入る可能性もあります。また冬だとインフルエンザの菌も可能性があるので、まずは自身から清潔でいることに気をつけましょう。
次に、ミルクで使う哺乳瓶を洗ったり、またスプーンも洗うなどして、清潔であるか確認しておきましょう。

ミルクを作ろう

そして、いよいよ粉ミルクとお湯をまぜて、ミルクを作ります。その際には粉ミルクを哺乳瓶にいれて、そこへ3分の1~3分の2ほどのお湯を入れます。お湯は一旦沸騰させた70℃~95℃くらいのものを使います。やはり赤ちゃんは抵抗力が弱いので、菌も恐いです。しっかりと沸騰させて、金の繁殖を抑えましょう。
一旦お湯を入れたらお湯で、粉ミルクをとかします。それから、さらに適量や飲ませる量までお湯を足します。粉ミルクやお湯については、粉ミルクの説明書を読むなりして、適量を使うようにしましょう。
あとは、哺乳瓶を水や氷水で、人肌くらいにまで冷やします。ちなみに哺乳瓶も熱くなっているので、火傷しないように気を付けてください。また、哺乳瓶の外が大丈夫でも、中のミルクはまだ熱いこともあるので、中身の温度の確認も忘れないでください。

ウォーターサーバーの水が向いている

いろいろなウォーターサーバーが世の中にでていますが、その水も天然水も使われていて、大人でも健康にはいいです。抵抗力が弱い、またより健康に気をつかわないといけない赤ちゃんにとっては、とてもウォーターサーバーの水は体にいいものです。今だとお湯も出るようになっていますから、さらに調乳もしやすくなっています。
また、そこからお湯を使うと、調乳する時間も短縮できたりとより効率良くできるとも言われています。あちこちのメーカーでも、調乳に最適とアピールしていますので、ウォーターサーバーを使ってみるのもいいでしょう。

調乳にもこれからはウォーターサーバー

もしも、赤ちゃんができた、出産をしたときには、これを機会にウォーターサーバーを使ってみるのもいいかもしれません。ご自身の健康はもちろん、赤ちゃんの調乳や健康にも大いに役立つことでしょう。

ミルク作りに適した温度を意識しましょう

調乳も赤ちゃんを育てるためには、欠かすことはできません。しかもいかにそれはを素早くできるかも大切になってきます。それが、素早くできるようになればより赤ちゃんのためにもなります。

まずは、ミルク作りをおさらい

ミルク作りをここでは、おさらいしてみましょう。まずは、哺乳瓶に粉ミルクをいれて、そこへ3分の2ほどのお湯を注ぎ、混ぜます。そのときには哺乳瓶を円を描くように混ぜると、よく混ざります。それからさらにお湯を追加したり、湯冷ましを追加します。それから、冷水などで哺乳瓶を冷やしていき、人肌にします。そうなれば、赤ちゃんへと飲ましても安心できます。

そんなミルク作りは、何度が適温か

そんなミルク作りも、適した温度もあります。それも知っておかないと、うまくミルクができないなんてこともあります。
まずは、粉ミルクを溶かすときに、沸騰したお湯をすぐに使うなど、100℃ちかいお湯や95℃以上では熱すぎて、逆にいけません。殺菌もしますが、粉ミルクの成分を壊すといったり、成分をとばしたりと逆効果ばかりです。
また、熱すぎるといけませんが、その逆で冷ますことが大変なことも考えたりして、ぬるめがいいだろうとしていたら、それもダメなのです。というのも、いくら粉ミルクもいいとはいえ、菌もあったりします。それを殺菌して安全に飲むためには、70℃以上のお湯が必要とも言われています。ですので、それ以下の温度で溶かして飲ませていると、とても不安があります。ですので、赤ちゃんの健康のためにも、70℃以上のお湯を用意しておきましょう。

ウォーターサーバーは温度も適温なのか

ウォーターサーバーは、あちこちのメーカーからでています。どのメーカーのサーバーでも冷えた水とさらに温水と出てくるようになっています。

冷水の場合には4℃~10℃くらいとなっています。温水の場合には80℃~90℃となっています。先に書いた75℃以上の条件を満たしていますし、95℃以内も満たしています。また、ウォーターサーバーの温水もすでに殺菌されていますし、すぐに安全に粉ミルクを溶かすこともできます。また、別の哺乳瓶にいれて湯冷ましにも使えます。

ミルク作りも温度を意識しよう

最初の頃は面倒くさくても、頑張ろうとしてミルク作りもするでしょう。しかし、夜中にミルク作りをしだしたり、また忙しくなるとついつい忘れがちになりやすくなります。
そうなると、赤ちゃんの健康にも影響するかもしれません。しっかりとミルク作りに適した温度を意識しましょう。

手早く簡単に赤ちゃんのミルク作り

赤ちゃんを育てるときに、ミルク作りがとても大変だと実感する人も多いでしょう。というのも、1日に何度もミルク作りをしないといけないからです。それは昼間だけでなく、夜中にしなければならないこともあります。仕事をしていると、さらに負担を感じることもあるかもしれません。
ですからよりスムーズにミルク作りをすることも求められるのです。

赤ちゃんはミルクを飲みたがる

赤ちゃんが0~2か月くらいまではとくに、赤ちゃんの健康にも人一倍気を付けることも必要です。また、その頃はミルク作りもまだなれていませんし、どのくらい飲ませたらいいのかわからないなんてこともあります。
まず、新生児~2週間くらいは80mlで3時間おきくらいに7回前後飲ます必要があります。
2週間~1か月くらいでは、80~120mlを3時間おきくらいに7回前後となります。
そして、1~2か月頃では120~160mlを3時間おきくらいに6回前後となります。

いかにミルクを手早く作るか

母乳で育てる人もいれば、ミルクでという人も多いでしょう。ミルク作りをいかに手早くできるかが大切と言うのも、先に書いたように赤ちゃんのミルクの回数を見れば実感してくるはずです。
そんなミルク作りも手早くするためには、湯冷ましをうまく使えるかが大切となります。湯冷ましはいったん沸騰させて殺菌して、それを常温や冷蔵庫で保管をします。
湯冷ましがあれば、まずはお湯で粉ミルクを混ぜておき、それから湯冷ましをいれて温度を調整しやすくなります。また湯冷ましを常に用意しておけば、夜中でもミルク作りを手早くできるでしょう。あと粉ミルクをとかしたら、湯冷ましをどのくらい入れればいいかも覚えておくと、冷やすのも早くすることもできます。

ウォーターサーバーをうまく利用する

ウォーターサーバーの温水は75℃以上95℃未満となっていますから、ミルク作りには適温です。それで粉ミルクを溶かすのもいいですし、お湯でわったミルクを冷水で冷やすのもいいでしょう。常に清潔なおいしい水が出るので、それをミルク作りに使わないのはもったいないです。

ウォーターサーバーで湯冷ましを

また、先に書いたように湯冷ましを準備するときにウォーターサーバーを使うのもいいでしょう。湯冷ましも毎日取り替えないと行けません。そのぶんを常に毎日用意する手間も大変です。しかし、ウォーターサーバーであれば、すぐに別の哺乳瓶やポットにいれて、湯冷ましを用意する手間も省けます。
ミルク作りを、手早くするにはウォーターサーバーを有効に使いましょう。

水選びもしっかりとしましょう

昔に比べると水についても、関心や意識も高まっています。健康志向やコンビニの普及で、水も買うことで美味しい水が飲めますし、より安全に飲むことができます。
さらに水道水に放射線物質が混入していないかも、さらなる水への安全性への向上へと繋がっていってしまったのです。

ウォーターサーバー利用も増えてきた

その要因もありますが、やはり美味しい水がのみたいと言う関心の高まりから、ウォーターサーバーの利用はかなり増えています。その用途もただの飲むためのものから、さらに料理に使ったり、また赤ちゃんのミルク作りへと広がってきました。
コンビニで買う水でもミルク作りにはいいのですが、日本の粉ミルクを考えたときにはウォーターサーバーの方がよりあっているのです。

日本の粉ミルクには

日本の粉ミルクの成分は、赤ちゃんのためのものがいろいろと含まれています。どのメーカーのものでも安心できます。また、どのメーカーでもミネラルをすでに配合しております。もともとは水道水で作る前提もあって、ミネラルはもちろん、他の必要な栄養素を十分に入れています。
ということは、逆にミネラルを多く含んでいる水、ミネラルウォーターをコンビニで購入して、それで作ると実は過剰にミネラルを摂取してしまうことにもなりかねません。赤ちゃんのミルク作りでは使う水にも注意が必要なのです。

ミルク作りには、軟水を使おう

また、水には硬水と軟水があります。コンビニで買う水は、実はミネラルを含む硬水なてこともあります。飲みやすさやお腹への優しさでは軟水がいいと言われています。ですので、より赤ちゃんのためにいいのは軟水となるでしょう。
そこで、水道水やミネラルウォーターよりもいいのが、ウォーターサーバーの水です。天然水などが実は軟水で、ミルク作りには最適なのです。先にあるように水道水の安全性にもしも不安がえるならば、まずは、ウォーターサーバーを利用してみるのもいいでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶときに、水は軟水ですが天然水とRO水があります。RO水はろ過した水で、純水に近くなっていますがミネラルを配合していたりします。赤ちゃんのミルク作りに使えるか確認をしてから選ぶようにしましょう。

赤ちゃんの水選びは大切

外国のミルクやミネラルウォーターは日本のものとは、質が違っています。いかに大人には体によくても、赤ちゃんには合わないこともあります。まずなそれを頭にいれて、ミネラルウォーターを使うのもよく考えましょう。水選びもしっかりとしましょう。

赤ちゃんのためのミルクの調乳方法

可愛い赤ちゃんが産まれたら、今度は子育てをしっかりとしていかないといけません。そんな子育てでは、ミルクの調乳方法もしっかりと覚えていきましょう。

赤ちゃんにどのくらいのミルクを作ればいいのか

赤ちゃんが産まれてからどのくらいの日数が経っているかで、変わってきますが、0~2か月の間でも80ml~160mほどと言われています。回数は6回くらいです。
3~5か月くらいだと200mlほどとなります。5回くらいとなります。
5か月以降になると、200mlと離乳食1回となってきます。このときもミルクは5回くらいとなります。
けっこう1日に飲む回数は多いですので、それだけミルクを作らないといけません。

ミルクの調乳方法は

ミルクを作る場合、哺乳瓶へ粉ミルクを適量いれます。その場合には粉ミルクの量を説明書をみて、適量をいれないといけません。そして、お湯をいれてとかしていきます。その場合には、お湯は70~95℃の範囲内の温度もお湯をいれてください。この温度が粉ミルクの成分を壊すことなく、より溶かしやすくなるのです。これ以下だと殺菌が不十分とも言われています。殺菌をするためにも、お湯をしっかり使ってください。そのあとは、さらにお湯を足してから、冷水などで冷やしていきます。もしくは、湯冷ましをした水を追加して、人肌まで冷やしていきます。なお、哺乳瓶の周りは冷えていてもミルクは熱いこともあるのて、気を付けてください。
また、湯冷ましを利用するのもいいのですが、ウォーターサーバーの水を利用するのもいいでしょう。というのも温水も冷水も出るのですから、本当に有効に使うことはできます。

衛生に気をつけよう

調乳をするときには、いくつものポイントで衛生に気をつけないといけません。まずは、作る前に手を洗い、清潔にしなければなりません。次にミルクをいれる哺乳瓶です。やはり夏場などは、しっかり洗わなかったり、またミルクの残りがあることで、菌の繁殖も心配です。またミルクの作りおきもしたいところですが、やはり菌の繁殖や衛生面を考えるとやめておいた方がいいでしょう。大人では大丈夫でも、抵抗力の弱い赤ちゃんだと、リスクも高いです。
また、湯冷ましも1日で使いきる、あまったものはやはり捨ててしまい、毎日衛生に気をつけましょう。

赤ちゃんの健康のために

ミルクを作るのもまいにちとなると、本当に大変です。夜中に作ることもあって、お母さんも大変でしょう。しかし、それでも可愛い赤ちゃんの健康のためにも、清潔に毎回作るようにしていきましょう。

調乳に使う水について

今ではウォーターサーバーにもかなり注目が集まっています。銀行や病院から、さまざまなお店はもちろん、個人の自宅でもウォーターサーバーが使われることが増えてきました。美味しいのももちろんですが、健康志向の高まりもあって、ますます、ウォーターサーバーが利用されるでしょう。

赤ちゃんの調乳作りにも役立つ

そんなウォーターサーバーで、最近の効果的な使い方として、赤ちゃんの調乳にも使えるということがあります。調乳と水を沸騰させてから作りまた、冷ますなど結構手間もかかります。また水道水を使うのも、最近の健康志向の高まりから、大丈夫かなと不安視する人もでています。そこで、ウォーターサーバーの水で安全に調乳したいと言う人も増えています。

調乳するときの水の選択とは

各メーカーともそれぞれの水にこだわりもあります。富士山や各地の天然水にこだわったり、高水準の技術でろ過をして天然水に限りなく近い、ミネラルも豊富に含む水を使ったりと、水の安全性や味や飲みやすさにこだわりを見せています。

そして、各メーカーが使っている水の多くは軟水を使っています。水には硬水と軟水があります。飲みやすさで言うと、軟水の方が良いと言われており、硬水をたくさん飲むと腹痛を起こしやすくなる人もいるようです。体への負担を考えると、慣れもありますか、軟水の方がより優しいとも言えます。そこで、ウォーターサーバーでは、軟水がよく利用されているのです。

ウォーターサーバーの水は調乳に向いている

体にも優しく、飲みやすいと言うことは、赤ちゃんにとっても飲みやすいと言うことです。さらに、ウォーターサーバーの水は、殺菌もされていますから、より安全性でいっても高いです。雑菌の心配はいらないでしょう。
また粉ミルクの成分やとけやすさなどからも、硬水よりは軟水がいいとの声もあるくらいです。赤ちゃんがそのまま成長したあとも、健康のことを考えると水道水を飲ませたり、ペットボトルで水を購入してくるよりも、ウォーターサーバーの水がより安心できるでしょう。赤ちゃんの将来のことを考えた場合にも、長期的にウォーターサーバーの水が良いのではないでしょうか。

まずはウォーターサーバーの軟水で調乳から

まずは、赤ちゃんの頃からウォーターサーバーの軟水で、ミルクを付くって飲ましてあげましょう。もともとの軟水自体の影響で赤ちゃんの健康を支えてくれます。さらにミルクの栄養できっとしっかりと、健康に成長してくれることでしょう。

調乳後どれくらい置いておける?

ミルク作りも赤ちゃんが離乳するまで毎日しなければなりません。赤ちゃんのことが大切でも、やっぱり毎日することは大変です。また、夜中にも赤ちゃんは、泣いてしまいます。すると、いかに素早くつくらないといけないので、プレッシャーもかかるかもしれません。

赤ちゃんの飲む回数は多い

赤ちゃんが、ミルクを飲む回数はけっこう多いものです。3時間おきくらいに、ミルクを欲しがります。けっこう時間も短いです。そのたびにミルクを用意しないといけないのですから、子育ては大変です。

ミルクは作りおきできるのか

ミルクを作るのも、やはり粉ミルクを溶かしてから、湯冷ましを追加したり、またお湯を使いしてからそれを冷やしていくということで、手間がかかります。赤ちゃんが泣いているからと焦ってしまうと、実は十分に冷えていなかったなんてこともあったりします。
そこで、ミルクを作りおきしようかなとおもっていたりしませんか。確かに作りおきでもしておくと、いかに負担を減らせるかもしれません。

しかし、実際にはミルクの作りおきはしてはいけません。というのも、赤ちゃんはお腹も壊しやすいですし、また抵抗力も弱いです。作りおきをしておいたミルクを飲ませるのはリスクを感じます。常温でおいておくのは、万が一のことを考えると怖いです。また冷蔵庫で冷やしておいても栄養分への影響を考えると、安心しきれません。ミルク作りをするのは、面倒ではありますが、もしも赤ちゃんが飲まなければ、2時間を越えたものは破棄した方が良いでしょう。夏場は特に気を付けることも必要です。

作りおきよりも作る方法を工夫

作りおきしたくなるのも、やはりミルク作りが、けっこう手間もかかるからです。作りおきはあまりよろしくありませんが、手早く作るための工夫はいろいろとしましょう。そのためには、湯冷ましをつかったり、またウォーターサーバーの温水や冷水を利用するといいでしょう。
ウォーターサーバーの温水は70℃以上ですので、すぐに粉ミルクを溶かすのにも使えます。また湯冷ましとして保管することもすぐにできます。また、粉ミルクをとかしたあとの冷やすのにも冷水をつかったりと用途も様々に使えます。ウォーターサーバーを効率的に使うといいでしょう。

ミルク作り前に愛情を

このように工夫はいくらでもありますし、ネットでの体験談を参考にしてみるのもいいでしょう。ミルク作りも
大変でもありますが、ぜひ愛情を注いでつくってあげましょう。

湯冷ましにも便利です

お母さんは、常に可愛い赤ちゃんをしっかり育てようと頑張っています。そんな頑張ることの1つに調乳があります。けっこう、調乳をするだけでも手間も時間もかかりますが、可愛い我が子のためならばと奮闘しているお母さんもたくさんいるでしょう。

夜中の調乳は大変

とはいっても、夜中に赤ちゃんが泣き始めて、それから調乳をするのは本当に大変です。夜中に起きるのも辛かったり、調乳で粉ミルクの量を失敗したり、また普段より作るのに手間取ったり、睡眠不足で昼間に大変してしまったなんて経験も誰でもあるでしょう。とはいっても、夜中に赤ちゃんに我慢してともいいきれませんから、本当に大変なのです。

湯冷ましを有効に使おう

そんな夜中の調乳やまた外出先でも
調乳をしなければならないときなど、調乳はいつどこででもしなければなりません。
またいかに素早くできるかも調乳の鍵ともなってきます。そんなときに有効に使えるとして、湯冷ましがあります。ネットで湯冷ましを調べてみても、たくさんの体験談や方法があって、それらを有効に活用していけば、赤ちゃんのためにもなりますし、また自分の睡眠確保や精神的な負担の軽減にもつながっていきそうです。
湯冷ましをいかに有効に使うかは、お母さんの課題なのかもしれません。

湯冷ましの有効なやり方とは

まず、湯冷まし自体の作り方からしっておきましょう。湯冷ましの作り方は簡単で、まずは、沸騰をさせて殺菌をしておきます。あとはそれを哺乳瓶やペットボトルにいれておきます。あとは、常温で置いておくか、冷蔵庫へいれておきます。いざ、赤ちゃんが泣いて、調乳をするときには、その湯冷ましを使うのです。もし冷蔵庫へ入れたらならば、お湯を混ぜたり、すこし温めるなどします。それでも、沸騰させてから、また冷ますといったことに比べれば時間を短縮できます。早めに調乳して、授乳させればそれだけ赤ちゃんも早く泣き止んだり、眠りにつけるでしょう。
湯冷ましは効果的に使うと赤ちゃんのためになるのです。

ウォーターサーバーを利用しよう

ウォーターサーバーを使えば、お湯も出ますし、すでに殺菌もされていますから湯冷ましにもぴったりです。
またウォーターサーバーの水をすこし暖めて、魔法瓶で入れておくのも調乳時間の短縮にもなります、すこしぬるめの水が出るものもあるので、それを利用するてもあります。
いずれにしても、最後に気を付けるのは湯冷ましも1日で使いきる、翌日には新たに準備しておくことを忘れてはいけません。

迷ったらまずはココ!

美味しい水を飲みたいからとウォーターサーバーを選ぶ人も多いでしょう。でもせっかくならば、赤ちゃんのためにもなるウォーターサーバーを選んでみたいと思いませんか。
そんな人にはフレシャスがオススメです。

安全性が高い

赤ちゃんのためにもウォーターサーバーを選ぼうと考えたら、やっぱり安全性にこだわりたくもなるでしょう。水も富士山の天然水を使っています。大自然の水ですから、水道水のように匂いや味も気にならずに美味しく頂けます。これならば、赤ちゃんのために調乳をしても安心できます。もちろん。水は軟水ですので、赤ちゃんにも優しい水となっています。
また温水と冷水が出ますから、温水で粉ミルクを溶かしたり、また湯冷ましを準備しておくこともできます。また冷水で暖まった哺乳瓶を冷やすのでもいいでしょう。
赤ちゃんが大きくなって、離乳食を食べるときも例えば お粥にフレシャスの水を使ってもよいでしょう。
また、従来のように外気に触れることを少なくする作りとなっているので、菌の繁殖も防いでいます。また使い捨てのパックとなっているので、安心できます。

女性にも優しい

ウォーターサーバーを使っていると、水の交換があります。従来のようにウォーターサーバーだと、水の入っている容器を上まで持ち上げて、セットをしなければなりません。水も重いので、女性には大変でした。フレシャスだと、7リットルのパックなので、持ち運びもセットもしやすいです。女性にも優しい作りです。

料金はどうなっているのか

ウォーターサーバーを使うときには料金も気になるでしょう。
1パックで約1200円近くとなります。通常は4パックで注文するので、月に5000炎はかかりません。またサーバーの代金やメンテナンス代はかからないので、本当に水だけの代金となります。配送料金も全国無料なので、家計にも優しいと言えます。
なお、ノルマはありません。ですので、ノルマを気にしたりプレッシャーに感じることはありません。とはいったも定期配送をするようになっています。時には中断したいときもあるかもしれません。そんなときも中断をすることができるのも安心です。

大人でも赤ちゃんでもメリットが多い

フレシャスは、独り暮らしでも使えるウォーターサーバーとなっています。また大人だと、健康や美容にも使えます。さらに赤ちゃんにも優しい水です。ぜひこれからウォーターサーバーを考えているひとには、フレシャスがオススメです。